忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/23 (Tue)

今日と明日は学園祭。
色んなイベントや、模擬店や、出し物があったりして。
学校中、とっても賑やか。

僕たちにとって、高校生活最後のお祭りだもの。
目いっぱい、楽しまなくちゃ。

PR

〔承前〕

空ちゃんに連れられて来た海。
波は静かで、潮風が涼しくて気持ちいい。
あちこち身体は痛いけれど、それでも心地良かった。

――強くなりたい。

最近の僕が考えていたのは、ただそれだけで。
だから。一人でゴーストタウンに行こうと思ったんだ。

誰かのそばに居られる強さ。
誰かを支えられる強さ。

欲しいものが手に入るかどうかは、わからなかったけど。
他に、僕はいい方法を思いつけなかった。

ふと、通りすがりに見つけたもの。
宝箱と鍵で対になった、銀製のペンダント。

ああ、可愛いな、って思って。
気付いたら、僕はそれを二つとも買っていた。

クラス対抗のソフトボール大会に参加してきたよ。
僕は7番ライトで、最初はあまりボールが飛んで来なければいいなぁって考えてたんだけど。
みんな凄い人たちばかりだから、ばしばし当ててこっちに飛ばしてくるんだよね。

必死になってボールを追いかけていったんだけど、おかげで思ったより活躍できたみたい。
まぐれだけど、ホームランも打てたしね。あれは嬉しかったなあ。


――でもね。空ちゃんには微妙に怒られちゃった。

なんだか、空ちゃんはいつもの調子が出なかったみたいで。
僕が空ちゃんの分まで運を吸い取っちゃったから負けたーって、そう言ってた。

確かに、自分でも信じられないくらいの活躍だったしなあ……本当にそうだったりして。
ごめんね、空ちゃん(しょぼーん)


あ、でもソフトボールはすごく楽しかったよ。
チームのみんな、対戦してくれたみんな、どうもありがとうね。

また、こういう風にクラスの子たちと話せるといいな。

【戦績】『うっかりバーニング』勝ち点8(7戦4勝3敗)

〔承前〕

ゴーストタウンを出た後、僕たちは気まずい雰囲気のまま、公園のベンチに並んで座った。
僕は、ここ最近のことを何て話せばいいか、なかなかいい言葉が出てこなかったし。
空ちゃんは、そんな僕を見て、どこか困ったような笑顔を浮かべていた。

こないだから、空ちゃんの様子がおかしい。

皆と一緒に騒いでいたと思ったら、いつの間にか一人で窓の外を眺めていたり。
僕が話しかけてもすぐに気付かないで、ぼんやり考え込んでいたり。

そして、振り向いた時には決まって、笑った顔をする。
心配しないで、わたしは大丈夫だから。――そう、言うように。

でも、目は、決して僕を見てはいなかった。


こんなことが、最近ずっと続いていて。僕は、ただ心配だけしていて。
だから、この日。バトルカーニバルの試合が終わった後に、空ちゃんを見つけて。

周りに目もくれず、早足に歩くその後ろ姿を、僕は追いかけていったんだ。

鈴蘭亭で、聖雪ちゃんや寅ちゃんたちと黙示録に出てきたよ。
考えてみたら、この前に参加したのって、あの土蜘蛛戦争の直後だったんだよね。
全員重傷をおして出て、寅ちゃんにすごく怒られたっけ。
まだ一ヶ月しか経ってないはずなのに、なんだかすごく遠く感じるなあ。

――四月中旬、鎌倉市内某所。

幼い面差しに笑みを浮かべる男の手には、温かな毛に包まれた生き物が握られていた。
オレンジと白の縞模様、青く丸い瞳、柔らかな肉球。
その全ては、今や男の意のままにある。

これは裏切りの証。目的のため、男は友情に背いた。
これは勝利の証。手の内にある限り、敵は動けぬ。

しかし、切り札としては、まだ足りない。
人質を容易に奪われてしまえば、たちまち形勢は逆転する。
多少の抵抗をものともしない、圧倒的な力が必要だ。

そして――運命の悪戯か、或いは悪魔の導きか。

男は、とうとう出会ってしまった。
探し求めた力、金色に輝く雄々しき一頭の虎に。

我々の知らないその場所で。
悪の芽は静かに、しかし巨きく育ちつつあったのだ――

葛城山の殲滅戦が終わって。
土蜘蛛との戦いも、ようやく決着ということになった。

“女王”は倒したけれど、当然、こっちの被害も少なくはなくて。
4月に同じクラスになったばかりの、僕のクラスメイトを含めて、20人が犠牲になった。

この数字が多いのか少ないのか。
僕たちの選んだ道は、本当に正しかったのか。
報告書を何度読んでも、僕にはまだわからない。

……でも、今は。
僕の好きな人たちが、誰一人欠けることがなかったこと。
それを、素直に喜ぼうと思う。

死んでしまった子たちには、とても、申し訳ないことだけれど。

Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]