忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/26 (Fri)

〔承前〕

ゴーストタウンを出た後、僕たちは気まずい雰囲気のまま、公園のベンチに並んで座った。
僕は、ここ最近のことを何て話せばいいか、なかなかいい言葉が出てこなかったし。
空ちゃんは、そんな僕を見て、どこか困ったような笑顔を浮かべていた。

「……どうしたのさ?
 珍しいよね、わざわざ追いかけてくるなんてさ」

だんだんと暗くなる中、ずっと黙ってるのが耐えられなくなったように、空ちゃんが切り出す。
いつも通りの笑い顔が、今は心にしんと痛い。

「……空ちゃん、こそ」

どうしていいかわからないまま、僕ものろのろと口を開いた。

「ここのところ、ちょっと元気なかったから……心配で」
「そうかなぁ……そんなことないはずだけど?」

空ちゃんは、ずっと笑ったまま。
でも、今の僕の目には、無表情と何も変わらない。

「……何て、言うのかな。
 笑ってても、笑ってないように見えるんだ」

言っていいことかどうか迷いながらも、その言葉は僕の口をついて出た。
それを聞いて、空ちゃんが自分の頬に軽く手を当てる。

「そう? 今、笑ってないかな」

不思議そうに、おっかしいなぁ、と呟いて。
そんな空ちゃんを見つめて、僕はもう一度考えた。

僕は、空ちゃんに笑ってほしい。
ずっとそう思ってるし、空ちゃんにもそう言ったことがある。
だから、なのかもしれない。

笑っていないと、僕が心配するから。
笑っていないと、皆に元気がないと思われるから。

心は笑いたくなかったとしても、顔だけは笑っていなくちゃって。

――ごめんね、空ちゃん。

そんなつもりじゃなかった。
自分の気持ちに嘘ついてまで、笑ってもらおうだなんて。
そんなつもりじゃ、なかったんだ。

「……ねえ、空ちゃん。
 無理に、笑おうとしなくてもいいんだよ……?」

もちろん、笑った顔の方がずっと可愛いに決まっているけれど。
僕が見たいのは、空ちゃんが心から笑った顔。

そんな顔を見れた時が、今まで何回あっただろう?
1回? 2回? ――ううん、もしかしたら。
僕はまだ、空ちゃんの本当の笑顔を、見たことがないのかもしれない。

「――難しく、考えなくてもいいんだ。
 どんな顔してても空ちゃんは空ちゃんなんだし」

必死に、そう言葉を続けて。
精一杯の気持ちをのせて、僕は空ちゃんに笑いかけた。

「……僕は、そばにいるから」

僕は空ちゃんが好き。
空ちゃんが笑うからじゃなくて、好きだから、空ちゃんが笑った顔が見たい。
そして、それは、今すぐじゃなくたっていいんだ。

「……」

空ちゃんは小さく頷いて、おもむろに僕の頬を指でつついて。
しばらくそうした後、立ち上がってもう一度僕の顔を見た。

「さんきゅ」

街灯の光に半分だけ照らされた顔は、やっぱりさっきと同じように笑ってて。
でも、もう無表情には見えなかった。たった、ほんの少しの差だけども。

「帰ろっか」

座っていたベンチから腰を上げて、差し出した手を空ちゃんがそっと取る。
夜の薄闇の中を、僕たちは二人で並んで帰った。


【♪星の約束/ZABADAK】


【戦績】『猫誘拐団・桜と愉快な仲間達』予選2回戦目で敗退(不戦勝1回)/バトルカーニバル:2勝

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Lies and Truth
最近何かがおかしくて。 何かがずれてるんだけど、何がずれてるのか判らない。 やればやるほどずれていく。 考えれば考えるほどドツボに嵌ってるのが、自分でも解る。 あの日ゴーストタウンに行ったのも、じっとしていられなかったから。 じっとしていては、また思考の沼に嵌ってしまうコトだけははっきりしていた。...
とらっくばっくたいとるURL 2007/07/20(Fri)17:51:19
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]