忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/27 (Thu)

こないだから、空ちゃんの様子がおかしい。

皆と一緒に騒いでいたと思ったら、いつの間にか一人で窓の外を眺めていたり。
僕が話しかけてもすぐに気付かないで、ぼんやり考え込んでいたり。

そして、振り向いた時には決まって、笑った顔をする。
心配しないで、わたしは大丈夫だから。――そう、言うように。

でも、目は、決して僕を見てはいなかった。


こんなことが、最近ずっと続いていて。僕は、ただ心配だけしていて。
だから、この日。バトルカーニバルの試合が終わった後に、空ちゃんを見つけて。

周りに目もくれず、早足に歩くその後ろ姿を、僕は追いかけていったんだ。

空ちゃんの向った先は、いつも僕たちが行く“ゴーストタウン”。
中に入っていったのを見て、僕もすぐ後に続こうとしたけれど。
どうやら、空ちゃんは随分と急いで行ったらしい。
入口のあたりからはもう、影も形も見えなかった。

たぶん、空ちゃんは真っ直ぐ奥に進んでいる。
そう思った僕は、いつもの通りの道を辿って走り出した。

廊下には僕の足音が大きく響いていたけれど、ゴースト達が出てくる気配は一向にない。
それらは全部、空ちゃんが倒したんだと思う。だからきっと、道は間違ってないはず。

進むごとに少しずつ、はっきりと見えてくる戦いの痕。
胸が、ざわざわと騒ぐ。

空ちゃんは強い。僕なんかより、ずっと。
でも、戦いに“絶対”なんてないんだ。
一人でゴーストに囲まれたら、いつか力尽きるかもしれない。
すごく、嫌な予感がする――


一番奥の部屋が見えてきた時、中から戦いの音が聞こえてきた。
慌てて飛び込んだ先では、空ちゃんは大きなゴーストと戦っていて。

僕が、身構えるより早く。
真っ直ぐ振り下ろされた空ちゃんの武器は、ゴーストに跳ね上げられて大きく宙を舞った。

「――空ちゃんッ!!」

無我夢中で叫んで、“能力”で生み出した水の刃をゴーストに向けて放つ。
コントロールには自信のない僕だけど、今回は運が良かったらしい。
全力で繰り出した一撃は、真っ直ぐゴーストの頭に吸い込まれていった。


「……あ、テル」

ゴーストの姿がかき消えた後、ようやく空ちゃんが僕に気付いて振り向く。
まるで何事もなかったみたいに、口元だけ笑って見せて。
それがまた、僕を不安にさせる。

空ちゃんの怪我の具合を診て、僕の蟲に頼んで、軽く治療をしてもらって。
お互いに交わす言葉もどこかぎこちなく、僕たちはゴーストタウンを後にした。


〔続く〕

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]