忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/24 (Mon)

〔承前〕

導かれるようにして辿り着いたのは、つい先日訪れたあの海岸だった。
月明かりの下、闇に浮かび上がるように、海中に立つ白い人影が見える。
どんなに暗くとも、間違えるはずがない。
それは、純白のウェディングドレスに身を固め、沖に歩いていく翳の後姿に他ならなかった。

ある意味、幻想的とすら言えるその光景に、目を奪われていたのは一瞬のこと。
我に返った直後、俺はなりふり構わず駆け出していた。

「――翳っ!!」

海中に足を踏み入れ、水の抵抗に阻まれながら、必死に翳を追う。
呼ぶ声にも振り向くことなく、翳はひたすら歩みを進めていた。

焦りを強め、どうにか距離を詰めたところに片腕を差し出す。
細い手首を掴んだ掌から伝わる、冷たく柔らかな感触。
翳が俺を振り向き、そして、表情を凍りつかせた。

「……やぁ……っ!!」

拒絶の声とともに、手にしたブーケを大きく振り上げる。
次の瞬間、それは俺の顔面へと叩きつけられた。
リボンの代わりに巻かれた銀の鎖が頬を掠め、白い花弁がはらはらと舞って視界を塞ぐ。
俺の手が離れた隙をつき、翳が大きく身を翻した。

ようやく体勢を立て直したところに、一思いに沈んでいこうと倒れこむ翳の姿が映る。
もはや、手段を選んではいられなかった。
追いすがり、両腕で掴んで強引に引き上げようとする。
なおも抵抗する翳の頬に、俺は思わず平手打ちを喰らわせていた。

「――何をするんですかっ!?」

非難の色を含んで、翳が俺を睨む。
後悔を感じている暇など、今はない。

「それは、こちらの台詞だ……!
 自分が何をやっているか、わかっているのか!?」
「貴方には関係ないでしょう……っ」
「――だからと言って、見過ごせるか!」

怯むわけにはいかなかった。
今、俺がこの手に握っているのは、翳の命そのものだ。
離せば、たちまち、その火は吹き消されてしまうだろう。
他ならぬ、翳自身の手によって。


「貴方が……貴方が、私を踏み荒らすからですわ!」


翳の悲鳴が、氷の刃と化して俺の胸を貫く。
彼女が何より大切にしていた領域。
それを踏みにじったのは、俺だ。
わかっている。言われなくても、そんなことは。

「……それがどうした……!」

奥歯を強く噛み締め、翳を押さえる両腕に力を籠める。

「だったら、殴るも罵るも好きにすればいい!
 こんなところで死んで、何になる!!」
「――貴方に乱されることはなくなりますわ!」

襲い来る激痛に、今は耐えることしかできない。
たとえ、翳の選択が、俺が傷つけ、追い詰めた末の結果であったとしても。
それだけは、認めるわけにいかなかった。

「逝かせて、律の所へ……!!」
「駄目だ」

罰なら、幾らでも受けよう。
目の前から消えろと言われれば、迷わずそうする。
けれど。ここで、“彼”の許にやるわけにはいかない。

「放っておいて……! 邪魔しないで!!」
「……駄目だ」

翳の腕が、再び抵抗の力を強めた。
何度も拳を振り上げようとしながら、悉く俺の腕に阻まれ。
なお、憑かれたように懇願する。

「離して……!!」
「――駄目だッ!!」

張り上げた声に、翳の動きが止まった。
銀色の瞳が揺らぎ、そこから大粒の涙がぽろぽろと零れ落ちる。

「どうして……なんで……」

今にも消え入りそうな翳の声。
もはや返す言葉も尽き、俺はひたすら首を横に振る。
それは、あまりにも哀しい祈りだった。

翳から、ゆっくりと力が抜けていく。
腕の中で、慟哭が流れ出すのを聴きながら。
俺は、氷の如く冷えきった彼女の身体を、ただ抱き締めていた。


〔続く〕

【♪茨の海/鬼束ちひろ】

2人ピンナップ:『消えゆく花、凍えた祈り――動かない夏の海』

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
錆びた夢《二夜》◆age10 -Calm Moon-
一歩ずつ踏み出す。 夜の海は昼間の暖かさを含んでまとわり付く。 ドレスが海水を含んで重たくなっていく。 後ろで呼ぶ声が聞こえた。
とらっくばっくたいとるURL 2007/07/26(Thu)12:41:00
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]