忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/23 (Tue)

〔承前〕

雨の中をずぶ濡れで出歩いたのが祟ったか、俺は翌日から滅多にひかない風邪をひきこんだ。
高熱で関節が悲鳴を上げ始めていたが、それを気にしている余裕などない。

桜は、相変わらずぐったりとした様子で、静かにその身を横たえていた。

学校に欠席の連絡を入れた後、俺はこっそり籠に入った桜を連れて家を出た。
祖父には、病院に行くとだけ告げ、その足で真っ直ぐ昨日の獣医へと向かう。

ここで桜を診てもらってから、俺も病院で診察を受ける予定だったのだが、獣医が予想以上に混雑しており、順番待ちでかなりの時間を消費してしまった。
俺の熱は眩暈を起こすほどに上がり、そこから病院に行く余力など、到底残されていない。

幸い、桜は昨日より回復の兆しを見せているという。
獣医の言葉に安堵しつつ、俺は重い身体を引きずるように自宅への帰路についた。
玄関で、祖父が仁王立ちで俺を待ち構えているなどとは知らずに。


帰るなり、祖父は厳しい口調で俺を問い詰めた。

「どうして行き先を偽った」
「偽ってなどおりません。私は病院に行くと申し上げたはずです」
「儂は言葉遊びをしているのではない」

俺の言葉を遮るように、祖父の眼光が鋭さを増す。

「何故、お前も病院に行かなかった」
「桜の診察に時間を食いました」
「先に、自らが治療を受けようとは思わなんだか」
「より弱っているものを、優先したまでです」

祖父の眉間の皺が一段と深くなるのを見て、俺は覚悟を決めた。

「――寅靖」

籠を置け、と、低い声で言い放つ祖父。
黙ってそれに従うと、直後、横っ面に重い平手の一撃が飛んだ。
熱に浮かされた身体で衝撃を支えられるはずもなく、俺はそのまま転がるように倒れる。

「この、愚か者めが」

真上から見下ろす、祖父の強い視線。

「――共倒れになっては、何も救えぬ。
 手を差し伸べたいと思うのならば、まずは己が立て」

俺は、自分が間違ったことをしたとは微塵も思っていない。
それでも、祖父の言葉は正論であって、一分の隙もなかった。

「……はい」

頬の痛みに耐え、唇を噛み締める俺の傍らで。
桜が、籠の中から小さく鳴き声を上げるのが聞こえた。


〔続く〕

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]