忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/26 (Fri)

冷えた空気の中を、人々の織り成す熱気が包んでいた。
目を向ければ、そこには露店が立ち並び、温かい食べ物から一風変わった土産物まで、実にさまざまなものが売られている。
祭りの屋台を一目見ようと、駅前には多くの人たちがつめかけていた。

笛や太鼓に混じって、花火を打ち上げる低い音が響く。
花火が夜空に広がる様子に、傍らにいた雨姫兎が歓声を上げた。

「花火、もう始まってるな。さっそく行ってみようぜぇ!」

弾んだ雨姫兎の声に、背中を押されるようにして。
俺たちは、夜祭の喧騒の奥へと足を進めていった。


リプレイ『―夜祭り―』(ツヅキMS)

その数刻前。俺と雨姫兎は、近くにある廃校の“ゴーストタウン”を訪れていた。
祭りが本番を迎える夜になるまで、ここで時間を潰そうというわけである。
同じく、これから祭りに向かう者たちが多いのだろうか。
普段は人が立ち入ることのない廃校も、今日は若干賑わっているように思える。

同業の能力者たちが増えたところで、相手をするゴーストの数は普段とあまり変わりない。
工作室に新たなゴーストの群れを認め、雨姫兎が愛用の戦斧を頭上で旋回させた。
巻きつけられた鎖が、硬質な金属音とともに風を切る。
それを、視界の端に認めて。俺は、向かう敵の一体へと狙いを定めた。

労働者風のゾンビがスコップを振り上げるのをかい潜り、懐目掛けて拳を繰り出す。
手甲に取り付けられた鉤爪がゴーストの身体を抉り、同時に、雨姫兎の戦斧が、叩き潰す勢いでそれを両断した。

出会ってから半年余りの間、幾度も肩を並べて戦った。
互いの呼吸は、そろそろ知り尽くしている。連携に淀みはない。
程なくして、工作室のゴースト達は一掃された。

「寅兄、大丈夫か?」

休憩をとる傍ら、気遣わしげな雨姫兎の視線に、ふと首を巡らせる。
どうやら、樹木の形をした妖獣を相手にした際、無数に伸びる枝の一本が掠めていたらしい。
左の肩口から背中にかけて服が破れ、その下にあった古傷から、薄く血が流れ出していた。

「掠っただけだ、問題ない」
「そっかぁ? それならいいんだけどな」

簡単なやりとりを交わした後、二人の間に言葉が途切れる。
夏の日、こことは別のゴーストタウンで負った、袈裟懸けの爪痕。
あの当時、旅に出ていた雨姫兎は、この傷の由来を知らない。

「――なあ、寅兄」
「ん?」

沈黙を破り、再び発せられた声に、顔を向ける。
雨姫兎の赤く澄んだ瞳は、真っ直ぐ、迷いのない色を湛えていた。

「俺は寅兄に背中を預けて戦う。だから、寅兄の背中は預かったぜ」

いつも通りの、屈託のない笑み。
その直後、雨姫兎は己の台詞を反芻してか、若干考え込むような表情を見せた。

「……って、なにか言葉が変だな?」
「いや、充分伝わるさ」

微笑って立ち上がりつつ、軽く伸びをする。
開いた傷痕から流れていた血も、今はほとんど止まっていた。
そろそろ、休憩を終えてもいい頃だろう。
俺の様子を見て、雨姫兎も、椅子代わりにしていた机から腰を上げた。

「俺の背中は、お前に預けるよ」

戦斧を肩に担ぐ雨姫兎に、そう、声をかける。
この先、ゴーストを何体相手にすることになろうと。
“弟”が隣に居る今は、負ける気がしなかった。

「――さあ、行こうか」



夜祭は、そろそろ終わりに差し掛かろうとしていた。
迫力ある屋台行列、夜空に咲いた花火。
それらの興奮が、今は余韻となって会場を包んでいる。
次第に引いていく人の波とともに、この祭りも幕を閉じていくのだろう。

「また、来たいな」

帰り際、ぽつりと呟かれた雨姫兎の言葉に、俺も頷きを返す。
ふと感じた、一抹の寂しさを振り払うように。

「……そうだな。また、一緒に来よう」


今日という日が終わっても、続いていく明日がある。
血という鎖によらずとも、確かに繋がる絆がある。


――信じるものは、それでいい。


【♪fire sign/BUMP OF CHICKEN】

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]