忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/28 (Fri)

〔承前〕

既に、辺りは薄暗くなりかけていた。
翳が去ってから、俺の心は大きく乱れ、揺らいでいる。

 何故、ああまでして、彼女を引き止めようとしたのか。
 何故、彼女に向けてあのような言葉を口にしたのか。

その理由は、俺にはわからなかった。

立ち尽くしていると、ふと、背後に人の気配を感じた。
反射的に振り向いた先、そこに白馬の姿がある。

「別に、覗き見るつもりじゃなかったんだがな……」

まさか、先程から俺と翳のやりとりを聞いていたというのか。
愕然とする俺に、白馬はやや押し殺した口調で「羨ましい奴だ」と言った。

「あんな弱いトコ、俺に見せてくれたことねぇからな……」

改めて問うまでもなく、それは翳のことを指しているのだろう。
言葉もない俺を睨むようにして、白馬が続ける。
「何とか、言えよ……」
軽い口調ではあったが、そこに含まれた怒気は隠しようがない。

「お前……翳のことを……?」

この期に及んで、我ながら間の抜けた質問だと思う。
案の定、それは言い終わるより先に遮られてしまった。
「――お前の事を訊いてるんだ。俺のことはどうでも良い」
そのまま畳みかけるように、白馬は止めの一言を放つ。

「あの人に――惚れたのか?」

心のどこかで予想していたこととはいえ、衝撃は大きかった。
俺自身、まだ、己の感情を理解できずにいる。
そんな状態で結論を出せるわけはないが、ここでいい加減な答えを返すわけにもいかない。
迷った挙句、俺はようやく口を開いた。

「正直なところ……まだ、よくわからん。
 だが……放っておけないと思ったのは確かだ……」

「あの人は、簡単じゃないぞ」と、白馬が言う。

「兄さんの存在があったから、あの人は今まで死なずに済んでる。
 けどその為に、自分で歩くことができない……」

――その隙間に入り込むのは、容易ではない。
どこか諦めたような白馬の言葉に、俺は軽い反発をおぼえた。
だからといって、翳をあのまま見過ごせるはずがない。

「やり方間違ったら、即終了だ……それも判ってるのか……?」
「何もしなかったとして、結果は同じじゃないのか」
「……終わりを早めるだけでも、同じことを言うか?」
「やってみなければ、わからんだろう……!」

今の翳は、大きく亀裂の入った硝子の塔なのだろう。
下手に触れれば壊れるが、仮にそっとしておいたところで、亀裂が塞がることはない。
ただ崩壊の時を黙って待つのは、俺には耐え難かった。

「なら、何があっても迷うんじゃねぇぞ……?」
「……迷いは、しない」

白馬の言葉が、ずしりと重く響く。
既に、腹は括っていた。
この想いの正体が何であれ、俺にはもう、それを貫くしかできないのだと。

「なら、良い……」
俺の返答を聞き、白馬はようやく肩の力を抜いた。
「ま、戦う前に白旗を上げたやつが言う台詞じゃねぇな」
自嘲気味に苦笑するその様子は、普段よりどこか小さく見える。

「やはり、お前もか……」
「……ほっとけ!」

ばつが悪そうに言い捨てる白馬を、笑う気には到底なれなかった。


【♪ガラスの森/ZABADAK】

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]