忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/17 (Tue)

〔承前〕

俺が目を覚ましたのは、あれから一夜が明けた翌日のことだった。
重い瞼の隙間から光が差し込み、やがて見慣れた自室の天井が視界に映る。
みゃあ、という鳴き声に顔を向けると、布団の傍らに座ってこちらを窺う桜の姿があった。

撫でてやろうと腕を伸ばした拍子に、左肩から背中にかけて鋭い痛みが襲う。
そこに真新しい包帯がきっちりと巻かれているのを見て、俺は自分が死の淵から引き戻されたことを悟った。
昨夜の出来事を思い出し、現実が一度に重く圧し掛かる。
後悔の波が打ち寄せ、思わず溜息を吐いたところに、襖が開いた。

「――目が覚めたか」

低く、落ち着いた祖父の声。
何一つ揺らがないその様子に、幾分か救われた気分になる。

「はい……」

小さく声を返すと、祖父は、見舞い客の来訪を俺に告げた。
一瞬、翳の姿が浮かんで逃げ出したい思いに駆られたが、どうやらそれは白馬のことであるらしい。
少し考えた後、ここに通してください、と答えた。


「おい、大丈夫か」

部屋に入るなり、白馬が床に伏せる俺を見下ろしながら言う。
血を大量に失ったせいか、今の俺は酷い顔色であるようだ。

「少し回復が遅いようだが、何かあったのか?」

布団の傍らに腰を落ち着けてから、白馬は怪訝そうな顔を俺に向けた。
俺たち“能力者”は、そうでない人たちに比べて、格段に自己治癒力が高い。
いかに重傷であったとしても、一晩が明けてなお動けないという事態は、そうそうないはずだった。

「何も、ない……」

原因に心当たりはあっても、それを口にするわけにはいかない。
内心の動揺を押し殺し、俺は首をゆっくりと横に振った。

「あの人に、余計なことを言ったりしてないな?」

痛いところを突かれ、咄嗟に誤魔化すことも出来ずに口篭る。
白馬はそんな俺の様子を眺めた後、納得するように「……そう、か」と頷いた。

「今回のことは、俺も悪いと思ってる――ゆっくり休め」

立ち上がり、背を向ける白馬を見送ろうと、桜が姿勢を正しながら「みゃ」と鳴き声を上げる。
桜の頭を撫で返し、手を上げて退出する後姿に向けて、思わず呟きが漏れた。

「……すまん、な」

誰に、何に対して詫びているのか、自分でもわからないまま。
ぼんやりと揺らいでゆく視界の中、俺は浅い眠りへと誘われていった。
瞼の帳が下りると同時に、翳の顔が浮かんでは消えてゆく。


――頼む、笑ってくれ……。


それから、一昼夜続いた夢の中で。
俺の願いは、とうとう叶わなかった。


【♪月光光/ZABADAK】

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
冷める夢◆age03 -Claw Moon-
気付けば夜は明けていた。 私は風呂場ではなく、ベッドの上に居る。 昨晩私はあのまま気を失ったらしく、旋さんが部屋まで運んでくれたらしい。 ・・・もう、血の匂いはしなかった。
とらっくばっくたいとるURL 2007/07/20(Fri)17:39:20
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]