忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/26 (Fri)

一人で過ごす、音の無い夜。
カーテンが風に揺れる傍らで、俺は窓から空を見上げていた。

闇に浮かぶは、上弦の月――

ふと、室内に視線を戻し、花瓶に活けられた花束を見やる。
それは、俺が負傷で眠っていた間、友人が見舞いにと届けてくれたものだった。

添えられたカードに書かれた、柔らかく丁寧な文字。
無理はするなと、赤茶の髪を揺らして語る声が聞こえてくるようで。
心遣いに感謝するとともに、胸が痛む。

あの夜から、ちょうど5日が過ぎた。
カードの文面から読み取るに、友人には心配をかけたのだと思う。

傷はようやく癒えつつあり、家で過ごす分には殆ど支障はない。
回復を告げ、礼の言葉を伝えに出かけることだって、簡単なはずなのに。

――もう大丈夫だ、心配は要らない。ありがとう。

たったこれだけの台詞を言えるだけの自信が、今の俺にはなかった。
どんなに表情を取り繕おうと、その裏の綻びを見抜かれそうな気がして。
真に痛むのは身体ではなく、心だということも。


この数日、脳裏に焼き付けてきた翳の涙。
時間を置いてもなお、胸を貫き続ける拒絶の叫び。

俺はこれから何処へ向い、何処へ辿り着くのか。
何を為すべきで、何を為さざるべきなのか。
考えれば考えるほど、思考は迷宮へと嵌りこんでいく。


もう一度月を見上げ、先日の学園祭でのひとときを思った。
光の庭で奏でた音楽と、眩くも温かな木漏れ日と。
確かに共有していたはずの時間が、今はこんなにも遠い。
それはどこか、散りゆく花の儚さにも似ていた。

欠けた月が再び満ちても、失った安らぎはもう、戻らない……。


【♪花冠/天野月子】

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
彷徨う夢◆age07 -Waxing Moon-
あのあと、大丈夫だと言って白馬の家からこの部屋に帰ってきた。 この4日間、ただ学校と部屋の往復をして、渕埼さんの容態を見に行く訳でもなく。 そして、私は思考を放棄した。 律を忘れたのではなくて、ただ目の前の人を助けたに過ぎないと自分に言い聞かせて。 その意識が途切れると、途端に自分の胸の内を問いただしてしまうから。 リビングのカーテンを開ける。 月光が部屋に浸みていく。 月は、上弦・・・。...
とらっくばっくたいとるURL 2007/07/22(Sun)18:14:33
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]