忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/18 (Wed)

最近あちこちで見かけていたところ、ちょうど流茶野からバトンが回ってきたので答えてみた。
これからしばらくは、溜まったバトンを中心に消化していくことになるかな。
(現状、待たせてしまっていて非常に申し訳ない)

なお、今回は設問の内容的に、背後から回答という形を取らせてもらおうと思う。

@@称号バトン@@

・称号に関して語ってもらうバトンです。複数回答大歓迎。長文回答超推奨。
・バトンの性質上、PLレベルでの返答が多くなります。
・過去の称号が思い出せない場合、結社の過去ログを漁ると良いかと思われます。
・回答を潤滑にする為、『称号のゲーム内での設定』の簡単な雛形を下記に例示。
1、自称名:キャラクターが自ら名乗っている、キャラ本人の意志による称号。
2、アダ名:第三者に呼ばれている。本人は知らなかったり、嫌がっている場合も。
3、メタ名:煽り文句や本質を示す暗喩等。本人所か“誰も知らない”場合が多い。
4、その他:上記のドレにも当て嵌まらない場合。


【1、歴代称号全てを、込めた意味や命名理由や事情を添えて書き連ねれ】

二代目称号までについては、ここでもある程度語ってはいるのですが、あれから一つ増えたので改めて。

----------------------------------------------------------------------------------------

『硬骨の嵐虎』(こうこつのらんこ)
おそらくはメタ名。

“嵐虎”
はキャライメージである“虎”“嵐(山の澄んだ空気、あるいは暴風雨・嵐)”を組み合わせた造語。
あとは頑丈そうな言葉がいいと思い“硬骨(硬い骨。転じて、正義を重んじ、意志・主張を曲げないこと)”を選びました。

どっしりとした安定感と、内に秘めた激しさを両立させられたら……と考えたのですが、途中からキャラがどんどん弄られに変化していった悲劇。

----------------------------------------------------------------------------------------

『硬骨の虎狼』(こうこつのころう)
本人の意志がある程度反映されたメタ名。

“硬骨”
は前称号からそのまま、バイトジョブを牙道忍者に変えたということで、より野性味(?)を強めて“虎狼(虎と狼。転じて、欲深く残忍な者のこと)”に。
辞書の上ではあまり良い意味の言葉ではありませんが、本人の自戒も含んでいるのでしょう。
なお、この当時は人狼ジョブに対する背後の期待も若干ありました(笑)

IGCでは、『Hardbone Tigerwolf』と表記。

----------------------------------------------------------------------------------------

『燎乱のキマイラ』(りょうらんの~)
今までの称号同様、本人の意志もある程度は反映されたメタ名。

まずは、バイトジョブが土蜘蛛になったことで“虎狼+蜘蛛=合成獣”のイメージで“キマイラ”に決定。
(神話の世界だと“キマイラ”は雌の魔物ですが、そこを深く突っ込むのは無しで)
なお、TW1「無限のファンタジア」(背後は未プレイ)において、“キマイラ”が“道を踏み外して異形化した冒険者”を表すということは、称号を変えてから知りました。

“燎乱”は“繚乱(入り乱れる)”をベースに、土蜘蛛アビリティの紅蓮撃から炎を連想して“燎(かがり火。また、それを焚いたように明るいさま)”の一文字に入れ替えた造語です。
簡単に心乱れる自らの弱さを戒め、かがり火のように他者を照らし温める存在になりたいという願いを込めて。

IGCでは、いい英訳が思いつかず『Burning Chimera』と直球すぎる表記に……。

----------------------------------------------------------------------------------------


【2、歴代称号の中で一番気に入ってる称号を、理由付きで言ってくれなさい】

『燎乱のキマイラ』
前称号である『硬骨の虎狼』も捨てがたいのですが、やはり今はこれでしょうか。
“虎狼”だの“キマイラ”だの、恐ろしげな称号をつけたがる割には、ちっとも周囲には怖がってもらえませんが(笑)
本人の思うイメージと、周囲に見えているイメージは違うという好例かもしれません。


【3、没にした、或いは保留にしている称号を、理由付きで教えて下さい】

『鉄石の嵐虎』(てっせきのらんこ)
“鉄石”は“信念などが強固なこと”を意味するのですが、ぱっと文字として見た瞬間“鉄の石”としか読めない気がしたので没になりました。

渕埼・寅靖『は野生に返る』
ネタ称号に走ろうかと考えた時、候補に挙がったものの一つです。
牙道忍者が本業になった頃で、人狼化も考慮に入れていた頃だったのでこういう形になりましたが、現状だとジョブチェンジの予定はなさそうなのでお蔵入りに(笑)

『翳彩虹は渡しません』
ネタ称号候補の一つ。
誤解の無いよう断っておきますが、決して自分で考えたものではありません。
一部身内に凄い勢いで薦められたものの、あまりに羞恥プレイなので却下。
バリエーションとして『翳彩虹は俺の嫁』もあり。

……みんな寅靖のことを何だと(略)


【4、人様の称号で『素敵だ』と思った称号について熱く語るのだ】

全員挙げるとすごい数になるので、お三方ほどピックアップさせていただきました。
なお、キャラクター名は敬称略にて失礼します。
敬称つきだと、称号との繋がりが若干不自然になってしまって……(汗)


楓咲・雨姫兎 『己ノ道』
何より、本人の“意志”が強く感じられる称号だと思います。
うっかりすると、称号というよりキャラクターさん本人に対する語りになってしまうので自粛しますが、彼の真っ直ぐさ、素直さがよく現れているのではないかと。

天城・剛一 『金虎拳士』 『鋼の金虎』
彼に関しては、初代称号である『金虎』の頃から良い呼び名だな、と密かに思っておりました(笑)
上に挙げたのは、そのバリエーションとも言える歴代の称号ですが、いずれも短い中に剛一氏らしさが凝縮されている気がします。

榊・巽 『夜獣』
単語として見て、すっと頭に入ってくる、そのシンプルさが良いと思います。
キャラクターさんの性質としては獣と呼ぶには理性的ですが、イメージとして違和感がないのも素敵です。


纏めて見ると、私はよりシンプルな称号に惹かれる傾向が強いようですね。


【5、称号を付ける際、意識している事は何ですか?今考えても良し!】

ありふれてなく、それでいて難解すぎず、一目見てキャラクターらしいものを、と考えています。
ただし、無駄に言葉の裏の意味などを細かく調べてしまう性質なので、結局は解説をつけないと意味が通じないこと多々。


【6、称号と言うシステムそのものをどう思いますか?】

非常に面白いシステムだと思いますね。
名前や設定の他に、こういった二つ名めいたものをつけられるゲームは意外と少ない気もしますし。


【7、バトンを回したい人を、その人の称号の感想添付で好きなだけ並べれ】

回したい人は沢山居るのですが、皆さんお忙しい時期でもありそうなので、気が向いた方はどうぞということで。
こちらからお持ち帰りいただいた方に関しては、後から称号の感想も追加させていただくかもしれません。


……あとは、こちらに直接回してきた人間の称号についても語っておきましょうか。

流茶野・影郎 『覆面忍者ルチャ影』
良くも悪くも、非常に「らしい」と思います。
称号だけで、よくぞここまでB級の胡散臭さを演出できるものだと。
一応褒めてます、たぶん。


おまけ:二つ名メーカー

ある意味、バトンよりもこちらの方が盛り上がっている気もしないでもないですが(笑)
あちこちに便乗して、寅靖の名前でもやってみました。

渕埼寅靖 ― 歌う戦機(プレデタートラウマ) 歌うトラウマ……。
渕埼・寅靖 ― 黒の執行(マーダーナイトメア) 確かにIGCの服は黒ですが。
渕埼 寅靖 ― 静寂(スペクター) まともなのが逆に面白くない。
渕埼 寅靖 ― 圧殺侵犯(スマッシングプレッシャー) 何その必殺技。


ちなみに、背後の本名だとこうなりました↓

絶命預言者(モータルスネイク)
切断力学(ゴシックトリック)
呪われし廃墟(クリーピングコラプション)
溶解命題(リキッドフィーバー)

……何というか、どれもこれもやたらと物騒ですな。

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]