忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/23 (Tue)
先の記事に関連した、寅靖のSS。
やや、内容は暗めです。

『業と責』

無音の静寂に包まれた仏間で、寅靖は一人、仏壇の前に座っていた。
視線の先には、仲睦まじく並んだ両親の位牌がある。

――なんか、今まで出し惜しみしてたみたい。

先に赴いた“ゴーストタウン”の戦いで、友人から冗談混じりに指摘された言葉。
ある疑問を伴いながら、それは脳裏を駆け巡って離れようとしない。

ごく最近、“能力者”として覚醒した瞬間の感覚。
“新たな力を得た”というより、それは“閉じていた蓋が開いた”ものと感じられた。
そう。自分は、遠い記憶の彼方で“この力”を知っている。

“能力者狩り”という言葉を知ったのは、つい先日のことだ。
ゴーストたちは、能力者、あるいはその素質を持つ者を滅しようとする。
事実は“世界結界”の力で歪められ、犠牲者の死はありふれた事故として扱われるのが常。
両親の命を奪い、自分ひとりが生き残った交通事故も、“能力者狩り”の仮の姿にすぎない。

標的が両親のうちいずれかであったのか、自分であったのか。
今となって、それを知る術はない。

しかし。
もし、自分だとするなら。

どうして、今まで目覚めることができなかったのだろう。
己の秘めていた能力者の素質が、結果的に両親の命を奪ったのであれば。
そんな自分は、誰よりも早く、この戦いへと身を投じるべきでなかったか。

“力”を裡に封じ込め、何も知らない振りをして安穏と十数年を過ごした。
これを『出し惜しみ』と言わずして、他に何と言うだろう。

無意識に、寅靖の手は自らの左頬へと伸びた。
あの事故によって刻まれた2本の古傷をなぞり、彼は心の中で両親に問う。

 

――教えて下さい。

貴方たちを死へと追いやったのは、私なのですか。

 

無論、答えが返ってくることはなかった。

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]