忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/27 (Thu)

〔承前〕

拳がゴーストを捉えた瞬間、リボルバーガントレットの回転動力炉が限界を超えて弾けた。
貫き砕いた鎧の破片に混じって、ガントレットの装甲が血の飛沫を散らしながら宙を舞う。
背中の傷が、嫌な音を立てて再び裂けていくのがわかった。

ゴーストの消滅とともに、反動で大きく後方へと吹き飛ばされる。
もはや、受身を取る余力も残ってはいない。
そのまま、俺の身体は近くに立っていた柱へと激突した。
深手を負った背中をしたたかに打ちつけ、思わず苦痛の呻きが漏れる。

柱に背を預けるようにずり落ち、軽く咳き込んだところで、翳が駆け寄る足音が聞こえた。

「怪我は……ない、な……良かっ、た……」

こちらを窺う翳の顔は、普段よりも一層白く見えた。
俺の言葉に表情を歪めた後、その頬を幾筋もの涙が伝ってゆく。

「どうして……こんな……っ」

翳の視線は、俺の左肩からのぞく例の傷へと向けられていた。
出血は激しく、傷口を押さえる俺の右手も、既に赤く染まっている。
体内の熱も奪われつつあるのか、やけに肌寒かった。


――俺の想いは、一つ。
どれだけ血を流し、どれだけ傷ついたとしても。

「……君を、護りたかった……」


涙を流し、首を横に振る翳の姿。
それが、徐々に焦点を失ってぼやけていく。

頼む。泣かないでくれ。


「俺は……君、が――」

想いのたけを籠めて、そっと、左腕を伸ばす。
指先が翳の頬に触れかけたその時、凍るような声が、彼女の唇から漏れた。

「――やめて……っ!」

びくりと震えた指が頬を掠め、血の痕を白い肌に描く。

「私には……私、には……!」

――そうだ。翳には、“彼”がいる。
直後、我に返った俺の胸に、猛烈な後悔の念が湧き起こった。

最愛の婚約者であった“彼”の死後、翳がただ一人で守り抜いてきた聖域。
俺が口にしようとしたのは、そこを土足で踏み荒らすと同義の一言に違いない。

咄嗟に謝ろうとしたが、その言葉は、すぐには出てこなかった。
身体から一度に力が抜け、指一本動かすこともままならない。
全ての景色が、音が、まるで帳を下ろすかのように遮られてゆく。

詫びたところで、帳消しに出来るなどとは勿論考えてはいない。
だが、俺に出来ることはもう、他に残されてはいなかった。

「……すま、ない……」

喉の奥から、ようやく、掠れた声を絞り出す。
俺の意識はそのまま、滑るように闇へと落ちていった。

今、この瞬間に浮かべているであろう、翳の傷ついた表情。
それだけを、ひたすらに想い描きながら。


【♪silent hope/河野圭】

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
褪めぬ夢《三夜》◆age02 -Blood Moon-
・・・私は弱い。 その弱さで、私は取り返しの付かない間違いを犯した。 過去に縋り、決断することに怯え、その事から目をそむけ続けてきた罰。 あの木洩れ日の時間は、きっと、もう戻らない・・・。...
とらっくばっくたいとるURL 2007/07/19(Thu)16:46:35
振り向くな、前を見ろ
思えば、こないだ一緒に戦ったときに彼の姿を見て僕は安心していたかもしれない。 倒れることなどないだろうと……
とらっくばっくたいとるURL 2007/07/20(Fri)17:14:43
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]