忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/26 (Fri)
視界が赤く染まった後に訪れたのは、真の闇だった。
どこか遠くから、雨音が聞こえる。

間近には、獰猛な獣の殺気。
姿こそ見えずとも、それは闇の中にはっきりと輪郭を形どっていた。

動かなくては。
あれを打ち破らない限り、人が死ぬ。
また、近しい人が、死ぬ。

殺気の源へ向け、上体を起こそうとする。
しかし、上体はおろか、指一本さえも動かない。
誰かの両腕が、しっかりと俺を抱えている。

――離して下さい。早く、ここから逃げて。

必死に訴えても、それは声にならない。
殺気は、もうすぐそこまで迫っている。

早く逃げて。腕を離して。
でなければ、また。

“また、あなたは殺されてしまう”

衝撃。
殺気が、俺達を呑み込む。
痛みはまだ、感じない。
目眩と、吐き気で意識が遠のく。


どれだけの時間が過ぎただろう。
気がつくと、殺気は既に去っていた。
雨に打たれたのか、ひどく濡れて寒い。

誰かの両腕は、まだ俺を支えていた。
しかし、それは既に、温もりを失いつつある。
ぬるりとした感触。
強く、血の臭いがした。

俺の体を浸す、血の海。

――ああ。
“また”俺は守れなかった。

左の頬が痛み、次第に勢いを増して全身へと広がる。
襲いくる激痛は、やがて灼熱となり俺を焼いた。


〔続く〕

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL