忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/29 (Thu)

【背後より】
某所から発展したとんでもない事態を唐突にSS仕立てにしてみました。
これまでの経緯は、
〔ここ〕〔ここ〕〔ここ〕を先にご覧いただけるとわかりやすいかと思います。
素晴らしくノリの良いキャラクター達とその背後さん達へ心から感謝を!


自分で蒔いた種、という言葉がある。
口は災いの元、という言葉もある。


思いつきと勢いのまま、鴬生ら三人を集め、黙示録で任侠チームを企画したのが俺なら。
立ち寄ったゴーストタウンで鴬生を見かけて、そのあまりに凄まじい戦いぶりに、つい軽口を叩いてしまったのも俺だ。


――だから、これはその報いであり、自業自得なのだろう。
しかし。そうと分かっていても。
受け入れがたい結末というものは、確かに存在するのである。

嫌味なほどに青く晴れた空の下、俺はただ一人、路地裏を走っていた。

俺と同じく、ゴーストタウンで鴬生に余計な口を滑らせた流茶野と、その俺たちを匿った、という咎で騒動に巻き込まれた天城の姿は、今ここには無い。

先の電話で、天城のもとに俺たちが潜伏していたことは既に割れている。
次はもう少し安全な場所をと思い、俺たちは天浦の家を目的地として定めたが、いざ出発した時には、鴬生の気配は既にすぐそこまで迫ってきていた。

追うのは一人、追われるのは三人。
ならば、お互い別の方向に逃げた方が、追う側としては骨が折れるのは必定。

そう悟った俺たちは、天浦の家で再会することを誓い、分かれて逃げることにしたのである。
運が良ければ、誰も捕まることなく、逃げおおせることも可能だろう――


しかし、そんな甘い思惑をよそに、軽口の報いはすぐそこまで迫っていた。
入り組んだ路地裏を逃走経路として選んだのが仇となったか、俺は、徐々に追い詰められつつあったのである。

そう――鴬生は、俺を標的に定めたのだ。

慌てて現在位置を確認するが、そこは既に天浦の家から遠く離れてしまっている。
一旦、別の場所へと避難しようか。
そう考え、ここから一番近い縁者の家を頭の中で検索し――そして、導き出された名前に、慌てて首を横に振る。


如何に、命の危険がすぐそこまで迫っていようと。
如何に、向かう先がどんなに安全であるか知っていようと。

己の失言から生まれたこの事態に、まさか彩虹を関わらせるわけにはいかない。
そこまで無様な生き恥を晒すくらいなら、潔く運命に身を委ねた方が幾分かましというものであろう。


路地の向こうから鴬生の姿が見えた時、既に俺は覚悟を決めていた。

「――うふふー、やっと見つけましたよー寅靖さん♪」

声こそ弾んだ調子だが、そこに含まれているものが“友人”と顔を合わせた喜びではなく、“獲物”を前にした高揚と、無邪気な残酷さであることは容易に感じ取れる。
やや逆光気味で、鴬生の表情がよく見えないのが、今はむしろ幸いに思えた。

鴬生が一歩ずつ距離を詰めるたび、自分が死刑台の階段を上っている、という気配が徐々に濃さを増していく。

先の黙示録で、それぞれが任侠に扮して組んだチームでは、彼女は“女組長”の役柄を与えられていた。
成る程、いざ相対してみると、その迫力はまさしく本物と思える。
自分の喉で、息を大きく呑む音が他人事のように響いた。


やがて、鴬生は、その表情がはっきりと見える距離まで歩を進めた。
予想通り、笑みの形は作っていても、目はまったく笑っていない。
冷たい汗が、嫌な感触を伴ってゆっくりと背中を伝っていく。


「――鴬生、俺は思うんだが……ここは一つ、平和的な解決というわけには」

発端と同じく、いたって安易に飛び出した台詞。
それは当然、鴬生の耳に聞き入れられることなど無いと思っていた。

――この期に及んで命乞いとは、俺も相当、往生際が悪いな。

諦めに似た自嘲が、内心でふつふつと湧き上がる。
その時、無言の死刑宣告を湛えていた鴬生の微笑が、ふ、と寂しげなものへと変わった。

「嫌ですねぇ、寅靖さん……そんなお顔なさらないで下さいな。
 私にとっては彩蟲さんも、大事なお友達ですもの。
 暴力で彩蟲さんを悲しませる事なんて、私にはとてもできないのですよ……」

彼女も心配しておられましたよ、との言葉に、罪悪感が首をもたげる。
確かに、鴬生は情に厚く、友人思いの性格である。
一時は怒りに我を忘れても、根本からそれを裏切るような真似をするだろうか?

そうだ、そもそも逃げたのが誤りであったのだ。
最初から、彼女を信じて大人しく謝罪をしていれば、このような騒ぎになることもなかったはず――

肩の力を抜き、改めて彼女に詫びようとした、その瞬間。


「渕埼寅靖―――――――!」


名を呼ぶ声に、見上げた空。
そこから一直線に、自分を目掛けて降ってくる“悪夢”。

思わず鴬生を振り返り、そこに浮かぶ微笑に“獲物”を捕らえた悦びの色を見出した時。
俺は、全てを理解した。

この逃走劇が、鴬生の描いたシナリオ通りに展開されていたという絶望と。
そして、これから自分が辿るであろう運命を。

 


――真の地獄は、まだ幕を開けたばかりだった。

 

---------------------------------------------------------------------------
 渕埼・寅靖は若女将(総代)の仕置で深刻なトラウマを負いました。
 完治にはあと∞日間が必要です。
---------------------------------------------------------------------------

〔何処かに続く〕 

〔何処かの裏側〕

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
巫女さんにジョブチェンジした若女将は何故か女組長になりました〜不運な組長を怒らせてはいけません〜
えー、なんでしょうこの長いタイトルは(爆) 一応解説しますと、バイトを魔剣士から土蜘蛛の巫女に変えてみました報告と、 今週参加中の黙示録ヒマツブネタ炸裂チーム 『仁義無き...
とらっくばっくたいとるURL 2007/11/16(Fri)18:08:10
鎌倉任侠事件帳 ~共犯者の場合~
その電話は突然の事。 電話先の声は明るいのだけれど、何か不穏な空気を含んでいる様な気がするのは気の所為だろうか。 請われるままに頷き、客間を片付ける。 一体何に使うと言うのだろう。 そしてはたと気づく。 この部屋に友人が訪ねて来るのは、初めてではないかと。 ※これまでのあらすじ(外部ブログ) 1 2 3 4 5...
とらっくばっくたいとるURL 2007/11/17(Sat)18:40:07
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]