忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/23 (Tue)

誘惑に負けて、とうとう『無限のファンタジア』を始めてしまいました。
今後は、あちらのキャラ記事もこのブログで書いていく予定です。
キャラの紹介がてら、まずは軽くSS風味なものでもどうぞ。

 →ルスラン・フォルトフ〔a76049〕

武器を手にするようになったのは、成り行きに過ぎない。
故郷を焼かれ、家族を失って。
俺に残されたのは、左腕を嘗めた火傷の痕と、人より巨きなこの身体だけだった。

自分が戦うことに向いているだなんて、思ったことはない。
どちらかといえば、向いていない方だとも、思う。
それでも、俺は生きるために武器を取り、そして今、冒険者になっている。


「ルーシャ、何ボーっとしてんだよ?」

隣で発せられた声が、ぼんやりと考えに沈んでいた俺の意識を引き戻す。
銀の髪、大きな灰色の瞳。少々白すぎる肌に、長く尖った耳。
――キアラ・ルブレヒト。
このエルフの子が、今の俺にとって唯一の家族だ。
二人で過ごす時だけ、キアラは俺を愛称で呼ぶ。

「――ああ、ごめん。考え事をしていたんだ」
「誰も見てないからってさ、
 んなでっかい図体でボーっとしてたら鈍い奴だと思われるぜ。
 お前、ただでさえ危なっかしいんだから」

口は悪いが、その声には俺の身を案じる優しさがある。
見た目は少年のように装っていても、中身は歳の離れた妹のようだ。

「こないだだって、ドラゴンズゲートでぶっ倒れたじゃん。
 敵にあっさり闇討ちくらってさ」
「……それを言われると、弱いなあ」

少々ばつの悪い思いで頭を掻く俺を見て、キアラが好機とばかりまくしたてる。

「大体、ストライダーってのは反射神経良いんじゃなかったのかよ。
 本当は、それ付け尻尾なんじゃねぇの?」
「……疑うなら、引っ張ってみてもいいけど」
「おーし、言ったな? 後悔すんなよ」

そう言って、キアラは跳ねるように座っていた椅子から立った。
素早く俺の後ろに回って、犬に似た尻尾をぐいぐい遠慮なく引っ張る。

「――お前ね、流石にちょっと痛いよ。
 そんなに引っ張ったら、生えてるものだってもげるじゃないか」
「引っ張っていいって言ったのはルーシャだろ」
「いや、限度ってものが……」

根元から抜かれては堪らないので、尻尾を強く振って抵抗する。
キアラはしばらく懲りずに俺の尻尾にじゃれついていたが、やがて疲れたのか、息を切らせてその場に座りこんだ。

「はい、おしまい。気が済んだか?」
「うぐぅ……本物だった……」

悔しそうに唇を噛む様子に、思わず笑みが零れる。

「何、人のこと見て笑ってんだよっ!」
「……いや、これは失敬。ほら、立てるかい?」

笑いながら差し出した手を、憮然としたキアラの小さな手が払った。

「だから笑うなって!」

怒鳴った後、大きく頬を膨らませて、ぷぃと横を向いてしまう。
思わず噴き出しそうになりながら、俺はキアラの頭を撫でた。

「止めろよ、もう子供じゃねーんだから!」

唇を尖らせ発せられた声と、頭を撫でる掌から伝わる温もり。
――その存在を、護りたいと想う。


自分が戦うことに向いているだなんて、今も思わない。
それでも、大切なものがあるなら。
俺は、護るために武器を取る。

いつか――平和が訪れる、その日まで。

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]