忍者ブログ
(株)トミーウォーカーのPlay By Web『SilverRain』『無限のファンタジア』のキャラクター達の共用ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/26 (Fri)

〔承前〕

何事もなく数日が過ぎた。
傷は殆ど塞がったものの、まだ万全ではない。
失血により消耗した体力が戻るまで、あと一晩は要するだろう。

大学は既に夏休みに入っており、道場も傷が治るまでは、という約束で、祖父が全てを引き受けてくれている。
取り立ててやる事もなく、また傷の痛みもないとなれば。
身体慣らしも兼ねて軽くゴーストタウンにでも行こうか……とも思うのだが。
友人達にこぞって止められたこともあり、自重しているのが実情だった。

これはこれで、時間を持て余す。
外を見れば、数日の雨が嘘のように青空が広がっている。

祐平から電話がかかってきたのは、そんな日の昼下がりだった。

「よっす、怪我の調子はどうさ」
電話口から、聞き慣れた軽快な口調が響く。
名乗らずとも、その声の主が百鬼祐平であるとすぐにわかった。
俺の親友であり、元は能力者として第一線で戦っていた男だ。
引退してからは医者を目指すと言い、暫くは大学に通う傍ら海外を飛び回っていたようだが、今は日本へ戻ってきている。

「おかげさまで順調だ」
簡潔に言葉を返した後、一拍置いて続ける。

「……ルルから聞いたのか」
短い沈黙。おそらくは、その通りなのだろう。
心配をかけたな、と答えると、祐平は至って軽い調子で気にするな、と言った。

「こっちも暇だったから、丁度良かったさね。
 思ったより元気そうで安心したさ」

今度は、俺が沈黙する番だった。
ルルから事情を聞いたとするなら、もっと酷い状態を想像していたのかもしれない。
実際、帰還して直後は心身ともに屍同然であったのだが。

「今度、菓子持って遊びに行くさね」
「いつでも来てくれ。美味い茶を用意しておくよ」

さほど長くないやり取りの後、俺達はそう言って電話を切った。
これだけの会話に、何故か救われたように感じる。


己が未熟と無力を噛み締めた此度の戦い。
闇より浮かび上がった過去の記憶。
打ちのめされて、初めて見えてくるものもある。

何もかもを背負う強さは、今の俺には無い。
自分の器の大きさ以上に注ぎ込もうとすれば、それは必ず無理をきたす。
溢れ、零れたものは取り戻せない。
幾度と無く、そういう失敗を俺はしてきた。

過去は変えられず、どんなに苦くとも記憶を刻んで生きるしかない。
ならば、これから何をするべきか。

誰に赦しを請うわけにもいかない。
いずれ、俺が納得し、安堵するための手段に過ぎないのだろう。
同じ自己満足ならば、それは自分で探していくしか無いのだ。


厭われてもいい。
恨まれていてもいい。

俺として生き、俺として戦う。
答えは、きっとそこにしか無い。

悩み、惑う胸の裡はそのままでも。
少しずつ、自分のやるべき事が見えてきた気がした。


――これから、また鍛え直しになるな。


軽く、肩を鳴らした瞬間、部屋の隅で寝ていた桜が、咎めるように「みゃあ」と鳴く。
おそらくは、このまま身体を動かしに行くとでも思われたのだろう。
全快するまでくれぐれも安静に、という友人たちの見舞いの言葉も思い出し、軽く苦笑する。
今までが今までだから仕方が無いが、それにしても信用がないものだ。

「大丈夫だよ。まだ今日一日はゆっくり休むさ」

微妙に目つきの悪い桜の頭を、軽く撫でてやる。
明日になれば、また元通りに動けるだろう。


珍しく意図的に、そっと左頬の傷に触れる。
今は、痛みも熱さも感じない。

あの事故からずっと、内側から俺を苛み続けた炎。
それは様々な痛みと混ざり合い、まだ消えずに俺の中にある。
答えを見つけ出すまでずっと、この炎は自らを焼くのだろう。

それでもいい。
この、因果の炎だけではなく。
温もりをもたらす炎もまた、俺の前にある筈だ。

闇の中、標の如く浮かぶ灯火のように。


※文中に名前を出させて頂いた方々には許可を頂いております。
 この場を借りて深く感謝を。



《プレイング》

※齟齬は全体優先
※2人称/文中参照


心情
神話のキマイラは魔神の娘だが
此度のそれはゴーストだ
英雄ならぬ身でも倒すのみ


俺は蜘蛛の脚を持つ虎
姿は違えど一種の“キマイラ”だ
異形同士の共喰いといこう


隊列/配置
[前衛]
キマイラ班:中央・残留思念付近
鹿島/守衛/天泉/俺


地縛霊班:残留思念の崖側20M程
狩夜/劉/ルル


[後衛]
キマイラ班-左前方、地縛霊班-右前方となる茂み側
全員が前衛双方の20M以内となるよう位置調整


攻撃:揚羽/フォレストキャット/渡辺/榊原
回復:ヴィスピャンスカ/サポート4名


戦闘:前衛/キマイラ班
事前に起動
陣形が整ったのを全員に確認後、思念に詠唱銀
「皆、覚悟はいいか」


キマイラは鹿島と分担し1体ずつ抑える
連携重視
声をかけ合い味方からの指示にも従う


可能なら、出現直後に先手を打ち生気吸収
自らへ攻撃を引き付け防御を固め移動を妨害
キマイラを中央に留める事優先


敵を見て大技の予備動作に気をつける
突進は重心を落とし両腕でガード
吹き飛ばされたら回復を受け速やかに復帰


後衛の回復範囲から出ないよう徹底
火炎対策に極力1列に並ばない


隙あらば生気吸収で攻撃
封術時は気魄と神秘の通常攻撃で有効な方を


虎紋覚醒は地縛霊(判別可能ならB)全滅まで使わない
地縛霊班が合流後、周囲にフォローを頼み数歩下がり使用
再度接敵、連携で生気吸収へ繋げる
以後同様に必要時使用(連携含む)


エンチャント時は尻尾にも注意
武器で弾き直撃防止


眼前の敵が倒れたらもう一方のフォローに入り攻撃

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]